運営者が再犯に及ぶ恐れを指摘されている

1度摘発されても再犯を繰り返す運営者がいる為、カジノカフェが無くならない問題が生じています。本来なら二度と犯罪に手を染めないことを前提に執行猶予となる事が多いのですが、執行猶予が終わったところでもう再びカジノカフェの運営を始める運営者も存在します。これらの問題が起きているのは、執行猶予さえ終わってしまえば、仮に逮捕されても刑罰がそこまで大きくならないこと、そしてカジノカフェには魅力的なものが存在しているからです。

大金を得られる可能性がある

プレイしているユーザーもジャックポットを得ることができれば一気に稼げるようにしていますが、カジノカフェを運営している側も大金を得られるようになります。1度に使ってくれる金額が多いことが要因にあり、大金を使ってもらえば利益をすぐに上げられます。オンラインカジノを運営している団体と同様に、ほぼ大金を得ることができる点が大きなところで、プレイしてもらえるユーザーが少人数いただけでも稼げるようになります。
カジノカフェはそうした方法をうまく利用して、1日に結構な金額を作っておきます。毎日営業しているのではなく、不定期で営業することで摘発対策を行い、しかも少人数に絞ることで出入りを減らすなどの要因を作り上げています。これによって大金を得ることができるだけでなく、安心して続ける事ができる要因を作り上げているのです。
こうしてオンラインカジノを利用して稼ぎを得ようとしている人が出てきて、実際に摘発されて裁判を受ける事になりますが、1度行われた裁判で執行猶予が付くと、その期間は犯罪ができません。そこで執行猶予が終わるのを待つようにして、それからまた同じことを繰り返すケースが出ています。

再犯は懲役が確定する

再犯になった場合、懲役刑を受ける事になり執行猶予はつかないままとなります。執行猶予を付けても反省をしないことがわかっているので、懲役3年程度の罰を受ける事になります。実際に収監されることになり、反省しながら刑務所で生活をすることとなります。
懲役になってしまえばいいことは基本的にありませんし、出てきた時にはギャップが凄いことになっていて、サービスなどの違いで苦しみます。出てきた時には時代遅れの状態になっていて、カジノカフェなどの状況ではなく、むしろ生活を立て直すために1からやり直すことが多くなります。2回目の逮捕というのはいいことはないのです。