三栄建築設計で良い家を建てる|最強HOUSEメーカー

一戸建て

地震大国の日本

設計中

日本は世界的に見ても地震が大変多い国です。そのため、地震大国などと呼ばれることもあります。そのような日本において、住宅には高い耐震性が求められます。耐震性が低いと、大きい地震が来た時に住宅が倒壊して死に至る事態を招きかねません。家を建てる際は、耐震性の高い工法を採用しているハウスメーカーを選びましょう。
耐震性の高い住宅づくりが評判のハウスメーカーがあります。それが、三栄建築設計です。三栄建築設計は独自のサンファースト工法という独自の工法で家を建てます。サンファースト工法で建てられた家は、大変高い耐久性と耐震性を誇っています。サンファースト工法の特長として挙げられるのが、湿度の変化による木材の伸縮を最小限に抑えているという点です。木が伸縮をくりかえすことによって、ボルトに緩みが生じてしまいます。梁や柱をつないでいるボルトが緩むと、耐震性が著しく下がってしまうのです。サンファースト工法では、スプリングを内蔵したカワダ式羽子板ボルトを使用して木材の伸縮に対応しています。スプリングで伸縮に対応できるので、ゆるみや歪みを解消できるでしょう。また、柱や梁そのものも非常に高い耐久性を誇っています。集成材という頑丈な素材を重ねて使用することで、より高い耐久性を実現しました。
床も非常に頑丈で、歪みを未然に防いでくれます。お大引きという木材を網の目状に置いて、その上から更に分厚い木の板を載せます。耐久性が高いので、床鳴りなどを防いで快適な暮らしが実現できるでしょう。
その他にも、換気を良くして腐食防ぐ床下全換気システムなども取り入れています。床下は湿気がたまりやすく、木材が腐食しがちです。木材が腐食すると、建物の耐久性は著しく低まります。外壁にも空気の通り道を作る外壁通気工法を採用しているので、腐食を防ぎます。このような工法で、三栄建築設計は耐久性の高い住宅づくりを行っています。三栄建築設計で家を建てて、大切な家族との暮らしを守りましょう。